kikadu オーガニック・コットンのベビー用品

kikadu - truly organic

kikadu(キカドゥ)社は2016年創業。長年、玩具メーカーなどで経験を積んだ3人の女性によって設立された、ドイツのベビー用品メーカーです。女性ならではの目線でつくられたkikadu(キカドゥ)社のベビー用品には、厳しい基準をクリアしたオーガニック・コットンが使われています。赤ちゃんの未来まで配慮したエシカルなものづくりと、ギフトにも最適な、思わず手にとりたくなる愛らしいデザインが特長です。

  • 赤ちゃんにこそ、より安心して使えるものを贈りたい
  • 素材にこだわり、モダンなデザインをそろえたい
  • 子どもの未来のために、環境にやさしいものを選びたい

そんな想いをかなえてくれるのが、kikadu(キカドゥ)社のベビー用品。赤ちゃんにとって良いものを選びたいと思うママやパパ、センスのよい出産祝いを探している人にもおすすめです。

女性ならではの視点、“エシカル”なものづくり

  • こだわり1

    使いたくなる素材をめざして

    開発

    オーガニック・コットンやリサイクル材料を用いた製品の開発。

  • こだわり2

    働く人のことも考えたい

    環境への配慮

    地球環境や働く人々の労働環境にも配慮したものづくりを実施。

  • こだわり3

    使うたびにハッピーに

    デザイン

    ママたちが使いたくなるモダンなオリジナル・デザインを考案。

  • こだわり4

    安心できる世界基準

    品質

    オーガニックテキスタイル世界基準「GOTS(ゴッツ)」にならった品質。

オーガニック・コットンの認証について

オーガニック・コットンと普通のコットンで大きく違うのは、環境への負荷です。オーガニック・コットンと認証されるには、一定の基準があります。

農業分野のオーガニック認証

オーガニックの基準にそった移行期間(2〜3年)を経て、オーガニックの畑だと認証された場所でつくられた綿花や食料作物がオーガニックとして出荷されます。認証は国や地域によって基準が異なり、それぞれの国が資格認定しています。

テキスタイル分野のオーガニック認証

オーガニックのテキスタイル認証については大きく2つの考えがあります。

  1. オーガニックを一定量(例えば5%でも)使っていれば製品の製造加工方法は従来のままでよいというもの。
  2. オーガニックで栽培された原料繊維だから、製造加工もそれにふさわしい環境負荷の少ないものとする考え。原料であるオーガニック繊維の含有量も一定のパーセント以上を使用し、日本に届くまでに関わるすべての工程で、健康面・環境面において信頼できることを確認する。kikadu社が基準にしているGOTSはこの考えが主流になっています。

GOTS認証について

GOTSとはGlobal Organic Texile Standard(オーガニック・テキスタイル世界水準)の略。「繊維製品が正しくオーガニックである」という状況を確保する、世界的なルールとして開発されました。

kikadu社で使われているコットンはすべてオーガニック・コットンです。基準で定められたパーセント以上の布を使用している製品の多くがGOTSの認証をクリアしています。(他も順次申請中)

ママたちの願いをかなえる、3人の女性オーナー

kikadu社は3人の女性によって2016年に設立されました。それぞれ玩具メーカー、ぬいぐるみメーカー、人形メーカーに長年勤務してきたプロフェッショナルです。

商品ラインナップ

kikaduシリーズの商品一覧はこちら
このページの先頭へ