KTM クロスボウ GT(ジク・SIKU)

オートバイメーカーがつくった車

お客様レビュー(件)

KTM クロスボウ GT(ジク・SIKU)

商品説明

KTMは1934年、オーストリアで設立されたメーカー。
「クロスボウ」は、オートバイメーカーKTMが初めて手掛けたスポーツカーで、アウディやフォルクスワーゲンなどヨーロッパを代表する自動車メーカーが開発に関わりました。

この車の特徴は、屋根もドアもない独特な外観。
座席の周りにウィンドスクリーンがあるおかげで、多少の雨風なら防いでくれますが、本気で走るにはヘルメットが必須です。

ヨーロッパで実際に活躍する車をモチーフにつくられたミニチュア・カーsiku(ジク)シリーズは、形やカラーリングを忠実に再現しながら、多彩なしかけが盛り込まれ、子どもたちの想像力が無限に広がります。
​ドイツらしい質実剛健の精神で生み出され、ヨーロッパの厳しい安全基準に従ってテストされそのクオリティを維持しつづけています。
 
ジク社の商品一覧はこちら  
 

メーカー紹介

ジク社
1921年の創業以来、世界約60ヵ国へ輸出をしているヨーロッパのトップブランド。自動車本体の図面からモデリングすることをルールとしたものづくりにこだわり続け、世界中の子どもから大人までのミニチュア・カーファンを魅了し続けています。

ジク社の商品一覧はこちら

商品詳細

品番
SK1436
サイズ
縦:約3〜5cm、横:約5〜8cm
パッケージサイズ
横10×縦8cm
素材
ABS、ポリカーボネート、ポリスチレン、亜鉛ダイキャスト
組み立て
不要
メーカー
ジク
メーカー国
ドイツ
原産国
中国

お客様レビュー

総合点:51件のレビュー)

レビューを書く

2016年10月26日 

人が乗っているのがわかる

中に人が乗っている車はなかなか無く、しかもオープンカー。隣に何かをのせようと楽しそうです!

このページの先頭へ