組み立て遊びは「トライ&リトライ」

「考える⇒やってみる⇒間違える⇒変えて試してみる」をくり返し、モノの仕組みがわかる ように。遊んで体験したことが、身の回りのモノへの興味や理解にもつながります。

このページの先頭へ