デンマークで生まれた
6ヶ月からのからだ遊びのパートナー
ボブルス
遊べる家具シリーズ

乳幼児期に育みたい5つの動きを遊びながら効果的に生み出すことができる遊具。
年齢が進むに連れて、種類を変えたり、組み合わせたりしながら、発達ニーズにぴったり合ったからだ遊びを促します。

どんな遊具なの?

デンマークの親子の様子を
のぞいてみよう!

ボブルスでやってみよう!

体スクスク・運動プログラム

はらばいで寝る背筋・筋持久力を育む
歩行動物である人間にとって背骨と背筋は姿勢を保つ基本。まずは腹ばいで動きながら背筋を鍛えることによって、より高度な動きにつながっていきます。
転がる・はいはいする交差運動の発達
全身運動を通して、神経の交差運動(右脳が左半身、左脳が右半身の神経伝達を司る)が活発になり、より複雑な動きの神経伝達が可能になります。
立つ・歩くスピードやバランスの
コントロール
歩くことで脚力がつき、全身を使った体のバランスをとってしっかり姿勢を保ちながら歩けるようになり、安定した歩行につながります。
ジャンプする筋力や神経の調整力
瞬間的に複数の筋肉や動作を組み合わせることによって、とっさに体のバランスをとったり、同時に多様な動きができるようになります。
バランス体幹を鍛える
バランス力は姿勢を安定させ、健康な体や活発な動作を育む基礎になり、より高度な運動に挑戦する気持ちにもつながります。

商品ラインナップ

フォルムごとに違った遊び方が楽しめます!

このページの先頭へ