ビルダーキット テクノ ツールボックス

本格的な組み立て遊びを体験しよう

お客様レビュー(件)

ビルダーキット テクノ ツールボックス

商品説明

子どもの大好きな「ネジ」と「工具」が、持ち運びできるケースに入った、組み立て遊びのキットです。ネジは本物のサイズに近く、1つ1つの工具の機能を理解して、ネジに合った工具を選ぶなど、より本格的な大工さんごっこが可能になります。

工具を実際に使って、平面にも立体にも組み立てあそびができるのが大きな魅力!車を作るためのタイヤやハンドル、立体を作るのに必要なL字やコの字型のパーツなども入っていますので、プレート上でパーツを組み合わせるだけでなく、説明書に沿って、プレート上から独立した立体的な車などを作ることもできます。

「ワッシャー」や「ナット」の役割や、「ナット」をしっかり止めるためには、「スパナ」で固定してドライバーを動かすなど、日常生活でも使うことの多い工具の使い方も覚える事ができます。

メーカー紹介

ケルチェッティ社
1950年に創業して以来、子どもの興味を引き出し、創造性を育み、成長を助ける遊具を開発しています。イタリアらしい鮮やかな色彩は、見ているだけで楽しくなるものばかり。教育的な観点のほかにも多彩な視点から開発・研究が行われており、安全性はもちろん高品質で長く使用できるとイタリアの教育現場でも導入されています。
ケルチェッティ社の商品一覧はこちら
 

商品スペック

品番
QR6140
サイズ
17×31.5×23cm(パッケージ)
パッケージサイズ
横31.5×縦23×奥行10cm
素材
ポリエステル、ポリエチレン
セット内容
ネジ43(小サイズ〜赤・黄・青・緑各10/中サイズ〜青2/大サイズ〜青1)、プラスドライバー1、マイナスドライバー1、六角レンチ1、ワッシャー8、ナット25、ハンドル用ナット1、スパナ1、ストレートプレート7(青2・赤5)、カーブプレート(赤)2、L字パーツ10(青3・赤7)、コの字パーツ2、三角プレート(黄)2、正方形プレート(緑)2、長方形プレート(黄)1、L型プレート(緑)2、タイヤパーツ8(ホイール4・タイヤ4)、タイヤの軸用ネジ4、タイヤの軸用ネジカバー4、ハンドル1
組み立て
不要
メーカー
ケルチェッティ
メーカー国
イタリア
原産国
イタリア
注意事項
各種パーツのみのご用意はしておりません。ネジなどの付属パーツは、「テクニコ」や「ボッシュ ミニワークセンター」のパーツよりも、ひとまわり小さいサイズになります。付属のアイデアブックの一部は、ボーネルンドでは取り扱っていない商品の作例が含まれております。そのため、このセットで掲載されているすべての作品を作ることはできません。
お手入れ方法
汚れた場合は、固く絞ったタオルやウェットティッシュで拭き、よく乾燥させてください。

お客様レビュー

総合点:4.37件のレビュー)

レビューを書く

2019年10月10日 

喜んで使っています。

立体的に組み立てられるので、6歳の娘の遊びにはちょうど良かったです。何度もいろいろな形を作っています。

2019年07月11日 

ねじ好き男子

5歳と3歳の兄弟共に電池の交換とかのネジ回しをやりたがるので、危なくないおもちゃで遊べるものがいいなと思って購入しました。
こんなものが作れるという見本がありますが、大人の私も難しいので、手順つきの見本があれば良かったかなと思います。
5歳の子は自分で色々作ってますが、3歳の子にはまだ自分で遊べるまでは使いこなせてません。

2019年05月06日 

作り方がわかりにくいが、、、

3歳の息子に。
車の組み立て方の本が付いていますが、手順が省かれていて、少しわかりにくく、大人でも難しいかもしれません。なので☆-1です。
しかし、子どもはネジをしめる、外すだけでも楽しいようで、お気に入りです。
今はネジを楽しみ、大きくなったら組み立てを楽しんでくれるのかなと、思っています。
ネジも色々な種類があったり本物さながらで感心しました。

2019年05月02日 

先取りで購入

BOSCHのビルダーキットと迷いましたが、レビューを見て、実際に様々な形を作ることができる、こちらの商品を購入しました。

息子がまだ2歳なので、組み立てに興味を持ち始めたら与えようと思っています。
中身を見ましたが、部品が本当にたくさんついていて、色々なものが作れそうです。どのようなものができるか、楽しみにその日を待とうと思います。

2019年01月21日 

考える力を育てる

4歳、7歳の子供に購入しました。取り合いをしながらも楽しく遊んでいます。手先を使い、どうやったら組立られるのかを考えるので良いおもちゃだと思います。細かい部品があるので赤ちゃんや小さな子がいる家ではちょっとやめた方がいいかもしれません。

このページの先頭へ