かんてんネンドStudio ランチ・ボックスセット

コネコネ、びよーん!気分はコックさん

お客様レビュー(件)

かんてんネンドStudio ランチ・ボックスセット

商品説明

赤、黄、緑など、食欲をそそるおいしそうなお弁当カラーの6色セットです。黒色で「のり」も!
今日は何をつくろうかな?こねるほどやわらかく伸びる寒天素材のネンドの感触に子どもも夢中です。

「手は第2の脳」といわれ、手遊びは成長に必要な体験。それを豊かに広げてくれるネンド遊び。手のひらで感触を楽しむうちに自由な発想がかたちになり、自分で考えたことや好きなものを表現する喜びを感じることができます。

  • 作品例リーフレット付き

ランチ・ボックスセットに入ってる色

  • あか
  • みどり
  • オレンジ
  • きいろ
  • くろ
  • しろ

かんてんネンドの特長

  • 1やわらかくて手にくっつきにくい

    手やテーブルにくっつきにくい寒天素材。粘土板を使用しなくても楽しめます。

  • 2保水性に優れている

    作品を作っている間も乾きにくく、途中で水を足す必要がありません。

  • 3天然素材を使用

    アレルギー反応の起こりにくい寒天を原料として使用し、防腐剤・防カビ剤を一切含んでいません。

  • さぁ、手のひらで たっぷりこねよう!

    かんてんネンドは、はじめは少し固いと感じるかもしれません。これは主原料である寒天の特性で、こねるほどに手の温度が伝わりやわらかく変化します。こねて、モチモチとやわらかくなれば準備完了です。

  • 感触あそびは、スキンシップ

    手をつなぎたがったり、ママの耳たぶを触ったりするのは、手のひらから感じる温かさややわらかな感触が心地よく、安心するからといわれています。かんてんネンドの感触遊びは、こんな親子のスキンシップに少し似ているかもしれません。

成長ごとのあそび

  • 2〜3歳頃感触あそびと見たてあそび

    どんどんやわらかく変化する感触を思いきり楽しみましょう。色やかたちから別のものを連想するのも得意になる頃なので、できあがったものを何かに見立ててみましょう。

  • 4歳頃〜かたちづくり

    指先の細かな動きや手のひらの力加減など、自分でコントロールしながら形を作ってみましょう。

    • のばす

      両手で少しおさえながら転がす

    • まるめる

      両手で均等に力をかけてコロコロ

いろいろなたべものをつくってみよう!

  • まめ
  • ミックスベジタブル
  • たまごやき
  • トマト
  • おにぎり
  • ハンバーグ
  • サンドイッチ
  • ウインナー

ランチ・ボックスセットに入ってる色

  • あか
  • みどり
  • オレンジ
  • きいろ
  • くろ
  • しろ

色玉同士を混ぜて、オリジナルの色を作りだそう

組み合わせを変えていろいろ試してみよう。

白や黒を混ぜれば色の濃さを調整できます。

かんてんネンドStudioシリーズ

1色から買い足しができる単色、3原色+白の4色セットをはじめ、たっぷり遊びたい方におすすめの8色セットなど、お子さまの興味、遊ぶ人数やシーンにあわせて選べます。

商品スペック

品番
NS003
パッケージサイズ
直径10cm×高さ13cm
重さ
約500g(パッケージ含む)
素材
寒天、セルロース、にがり、無機塩、食品色素、竹炭
セット内容
6色各60g(あか、オレンジ、きいろ、みどり、くろ、しろ※各色香りや味は一切しません)、遊び方リーフレット
組み立て
不要
メーカー
ボーネルド・オリジナル
メーカー国
日本
原産国
日本
注意事項
●目的以外の使用は避けてください●梱包材は玩具ではありません。大人の方が取り外してからお子様に与えてください●ネンドは食べ物ではありません●お子様は予想外の行動をおることがありますので、必ず保護者の目の届くところで遊ばせてください●使用していない時は密閉容器に入れ、高温多湿を避けて保管してください●小さなお子様の誤飲にご注意ください。誤飲防止のため、口に含むとびがり成分の苦みを感じます。体に害はありませんが、万が一飲み込んでしまった場合には医師に相談してください●乾燥すると白い結晶をふくことがあります。にがり成分ですので体に害はございません●固くなってしまったネンドは、ご使用にならないでください●使用前後は必ずきれいに手を洗ってください●ネンドを金属類に触れたまま放置すると、さびが発生する場合がございます●商品についての注意事項や問い合わせを記載しておりますので、リーフレットは保管ください

お客様レビュー

レビューを書く

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

このページの先頭へ