「Le Voyage d’Olga」モスリンコットン・スリーパー(くじら)

赤ちゃんの体温調節をサポート

お客様レビュー(件)

「Le Voyage d’Olga」モスリンコットン・スリーパー(くじら)

商品説明

スリーパーは、ヨーロッパではお布団の代わりに使われています。 赤ちゃんは自分で体温調節ができず、体感温度も大人より低いため、室内でも快適に過ごせるよう、様々なシーンで活用できます。

夏用スリーパーにはガーゼよりも柔らかいモスリンコットンが使用されています。耐久性に優れ、繰り返しの使用やお洗濯にも強く、洗うたびに柔らかく肌なじみがよくなります。また、降り目が細かいので通気性がよく、暑い夏でも涼しく赤ちゃんを快適な温度に保ってくれます。

スリーパーの特長

  • 出産準備のマストアイテム

    フランスの出産準備リストのなかでも人気なのが、『着るおふとん』とよばれているスリーパー。フランスママのマストアイテムといってよいほど浸透しています。

  • 洗い替えに2つ、季節に応じて2つ

    フランスママと赤ちゃんの必需品になっているので、洗い替えも合わせて2つ準備するのが定番スタイル。季節に応じて春夏用・秋冬用と2種類ずつ準備しています。

  • 冷房対策にも活躍

    温度変化がはげしかったり、季節の変わり目で暑いか寒いかわからない時も、おふとんより温度調節にすぐれているのがスリーパー。足元までしっかりカバーもできますし、暑いときは脇を開いて風通しをよくすることができます。それでもお腹の部分はしっかり守るので、寝冷えの予防につながります。

  • 寝返りの悩みを解消

    寝返り期の赤ちゃんは、眠っている間も動き回ります(じっと寝てはくれません)。その度ごとにおふとんをかけ直してあげるのは、ママも大変です。おふとんがめくれないことで風邪ひき対策もできる「着るおふとん」は、赤ちゃんだけでなく、ママのお助けアイテムでもあります。

  • SIDS(乳幼児突然死症候群)対策として注目

    それまですくすく育っていた赤ちゃんが、ある日突然、眠っている間に亡くなってしまうSIDS(乳幼児突然死症候群)。なんの予兆や既往症もない赤ちゃんが睡眠中に亡くなるという、原因のわからない病気です。それでもあおむけに寝かせたほうが発症率が低いことから、なるべく赤ちゃんの顔が見えるあおむけに寝かせることが推奨されています。おふとんによる窒息を防ぐためにも、『着るおふとん』であるスリーパーはSIDS対策の商品として注目されています。

  • フランスらしいカラフルな色とデザイン

    フランスのママからムーラン・ロティ社のスリーパーが特に支持される理由は、ほかにない配色と、愛らしく洗練されたデザインの魅力があります。上質な素材とフランスのカラーパレットのようなカラフルな色使いのスリーパーのある生活は、ママの心も躍り、子育てがもっと楽しくなります。


【Le Voyage d'Olga】シリーズ 
一日ずつ成長するオルガ親子の冒険の物語をモチーフに、はじめての子育ての毎日を「旅」になぞらえて、これからはじまるママと赤ちゃんの生活にエールを贈るシリーズです。

「いつかは空を飛んでみたい」と憧れ続けていたガチョウのオルガ。かわいい子どもたちが生まれてママになると、不思議な力が湧いてきて自由に空を飛べるように!オルガは子どもたちを背中に乗せて、山や川、海を越えて大空の旅に出かけます。オルガ親子が大自然の中で出会った仲間たちに助けられ、成長していく物語です。
商品一覧はこちら

メーカー紹介

ムーラン・ロティ社
子どものものという固定概念をくつがえし、おとなも心躍るベビーギフトを提案し続けるブランド。暮らしのなかで美しいものに触れ感度の高いフランス人女性たちに支持されています。

「今、美しいと感じるもの」を言い当てる審美眼に溢れ、物語を紡ぎだすように生み出されるデザイン、その世界観をカタチにする職人たちのディテールへのこだわりと生地選び。それらはギフトを受け取る相手に感動と感性を届ける”最高の贈りもの”になります。
ムーラン・ロティ社商品一覧はこちら

商品詳細

品番
MLR714098
サイズ
約70p(胸周り約30p)
素材
コットン100%
メーカー
ムーラン・ロティ
メーカー国
フランス
原産国
中国
お手入れ方法
ネットに入れ手洗いまたはドライコースでの洗濯

お客様レビュー

レビューを書く

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

このページの先頭へ