クーゲルバーン・チャイム

何度もあそびたくなる「音がでる玉転がし」

お客様レビュー(件)

クーゲルバーン・チャイム

商品説明

ブロック、ソーサーに、鍵盤付きブロックが加わったクーゲルバーン(玉転がし)です。ド・ミ・ソ・ドという音階の鍵盤を、鍵盤用のブロックの穴に直角に差し込み組み立てます。ブロックのコースをボールが通るたびに、鉄琴の美しい音が鳴ります。
 
美しい曲線とボールの動きは、世代を超えて人々の心を魅了し、製作者であるカデン親子の職人としての丁寧な仕上がりとこだわりが感じられる逸品です。
 
最初は少ないパーツで小さなコースを作るところから始めて、だんだんと使うパーツを増やし大きなコースを作れるようになったら、ボールの落とし方や数を変えて楽しんでみましょう。鍵盤の上をボールが上手に転がるように考えながら組み立てることで、造る意欲も高まります。
 
ブロックサイズが同じ、同社の「クーゲルバーンクライントリヒター カーブセット」と組み合わせて、ブロックの数を増やし、より大きなコースを作ることも出来ます。

こだわり

・素材
ブナの木を使用。見た目、触感、匂いといった天然素材である木の魅力を、あそびを通して子どもたちに体感してほしいと願っています。
 
・色
木目の美しさがよく見えるように、自然由来の塗料を使用。ボールが原色なのは、視認しやすくするためです。
 
・ボールの大きさ
手に持ちやすい設計が考えられています。
 
・時間を楽しむ
ソーサーパーツを組み合わせることで、ゴールまで規則通りに動いていたボールに、「ゆっくり動く」や「順位が入れ替わる」などの動きが加わり、『時間の流れ』という要素が加わったあそびが楽しめます。
 
・クラフトマンシップ
美しいデザインと丁寧な仕上げに、ドイツの伝統工芸技術が根差しています。すべての製品は耐久性に優れた素材を使用し、自然環境保護に配慮して設計・製造されています。
 

メーカー紹介

カデン・カデン社
幼少期から木工にふれて育ち、大学でプロダクトデザインを学んだ創業者が1992年にドイツ北部の小さな村にて創業。ドイツの伝統的な工芸技術が反映されており、素材や玉の大きさなどさまざまな工夫が凝らされています。
カデン・カデン社の商品一覧はこちら

商品スペック

品番
KK80/04P
サイズ
木箱収納時:28×14×22cm ボールの直径:約2.5cm
重さ
4kg
素材
ぶな、木
セット内容
ボール8個、鍵盤付きパーツ4本(ド/緑色、ミ/赤、ソ/グレー、高音ド/緑色)、鍵盤を差し込む穴付きブロック4個(ウェーブ型、キューブ各2個)、1/4円形ブロック8個、直線レールブロック4個、直線レールブロック8個、ブロックパーツ4個、ソーサーブロック2個、木製収納ボックス(組み立て式)、ボールスタンド
組み立て
不要
メーカー
カデンカデン
メーカー国
ドイツ
原産国
ドイツ
注意事項
木材の性質について:天然素材のため、ご使用いただく環境に応じて形状が変化します。湿度が高い場合は木が膨張し、乾燥が強い場合には本体にヒビが入る可能性がございます。

木目や節について:天然素材を使用しているため、木目や節などの入り方には個体差が生じます。また合板を使用している商品は、生育度合いの異なる木を組み合わせているため仕上がりの具合が異なります。
お手入れ方法
軽い汚れの場合は乾いた柔らかい布などで表面を拭いてください。汚れが落ちない場合は水で濡らしたタオルを固く絞って拭き、風通しのよいところで十分に陰干ししてください。直射日光に当たると割れやひずみが出る場合がございますので、ご注意ください。 また洗剤やアルコールを使用してのお手入れは、木材の変質や塗料の色落ち、変色などにつながる場合がありますので、ご使用にならないでください。

お客様レビュー

総合点:4.52件のレビュー)

レビューを書く

2019年09月02日 

4歳のお誕生日に。

4歳のお誕生日プレゼントに購入しました。ピタゴラスイッチが大好きなので、まさに大ヒット!!始めは難しくてイライラしてましたが、ボールが最後まで止まらずにゴールしたときは、大喜びで感激していました。音が鳴るのも楽しいらしく、1歳の妹も横割りしてくるので大変です(笑)箱に直すのもひと工夫しないといけないので、それも楽しいらしく、黙々と遊んでいます。まだ親の手が要りますが、そのうち慣れてくれると、ずっとひとり遊びができていーなーと思います。買って本当に良かったです。

2017年07月05日 

誕生日プレゼント(^0^)

2歳の誕生日に息子のプレゼントとして購入しました。
まだ自分で組み立てて遊ぶことはできませんが組み立ててあげると
喜んでボールを転がします。
音が鳴るのでさらに楽しく何度も何度もコロコロボールを転がしています。
まだ早いかと思いましたが喜んでくれてうれしいです♪

このページの先頭へ