はじめてのボール転がし

ゆっくりと転がるボール転がし。何度でも楽しめます

お客様レビュー(件)

はじめてのボール転がし

商品説明

ゆっくり落ちるボールで、はじめての「玉ころがし」に最適な仕様のクーゲルバーン。ボールを投入する「スタート地点」は認識しやすい色で、入り口をガイドしてくれます。

組立時の60cmの高さは、子どもの目線にちょうど良い高さ。ボールは回転しながら、低年齢の子どもが目で追いやすい、ちょうど良いスピードで落ちていきます。

ボールの1つにはビーズが入っており、回転する時に視覚でも聴覚でも楽しめるなど、1歳頃の子どもが楽しみやすいポイントがたくさん!

組立時:高さ60cm、ボール:直径4.5cm

メーカー紹介

ケルチェッティ社
1950年に創業して以来、子どもの興味を引き出し、創造性を育み、成長を助ける遊具を開発しています。イタリアらしい鮮やかな色彩は、見ているだけで楽しくなるものばかり。教育的な観点のほかにも多彩な視点から開発・研究が行われており、安全性はもちろん高品質で長く使用できるとイタリアの教育現場でも導入されています。
ケルチェッティ社の商品一覧はこちら
 

商品スペック

品番
QR6502
サイズ
組立時:高さ60cm、ボール:直径4.5cm
パッケージサイズ
横33×縦31×奥行13cm
素材
ABS
セット内容
ストレートレール(赤)×2、S字型レール(水色)×1、ベースパーツ(黄色)×3、ボール受けベース×1、ボール×3、接続パーツ×10(リング×5、U型×5)、支柱(白)×2
組み立て
必要
メーカー
ケルチェッティ
メーカー国
イタリア
原産国
イタリア
注意事項
ボールの色はアソートのためパッケージとは異なる場合がございます。
お手入れ方法
汚れた場合は、固く絞ったタオルやウェットティッシュで拭き、よく乾燥させてください。

お客様レビュー

総合点:4.417件のレビュー)

レビューを書く

2020年06月19日 

1歳のお誕生日に買いました

高さが少し高く、最初は難しそうにしていましたが、今ではよく遊んでいます。3つのボールの中でも、特にシャカシャカと音のなるボールが面白いようで、ボールの大きさもお口に入り込まないので、安心です。

2020年06月09日 

年齢幅広く楽しめます♪

1歳半の女の子に購入。
一緒に過ごす、年少の男の子と小1の女の子も加わって、にぎやかに遊んでくれています。ボールが大きめで、口に入らないのは大事な安心ポイント。
組み換えて転がしてみて、C型のジョイントの向きが悪いとつっかえてしまうのも面白い。ボールの動きが速すぎず遅すぎず、適度に音もするのに目で追えます。年齢的に、ジョイントなどで見えなくなったら見失いますが、ゴールにはボールがたどりついているのが不思議で面白くて「もう一回!」となるみたいです。
安心して繰り返し遊びを見守れるので、買って正解でした!

2020年06月07日 

買ってよかったです

1歳の子のためのボール転がしのおもちゃを探していました。ビー玉を使ったおもちゃは多々ありましたが、誤飲が不安だったためこちらにしました。ボールの大きさもちょうどよく、遊んでいて安心です。ハマったのか、たくさん遊んでいます。追加で購入できるパーツがあればなお良いとおもいます。

2020年06月02日 

1歳2ヶ月の娘へプレゼント

1歳も過ぎたのでそろそろ少し難しいおもちゃを探しており、
こちらを購入しました。大人でも組み立てるのに少し頭を使いました。
はじめは組み立てたものを外したり、倒したりと、ボール転がしはまだ早かったかなあと思いましたが、
何度か私が転がしているのを見せてあげてボールを渡すと、
自分で転がすことができました。転がっているボールを見ながら、
わーーーーと手を叩いてくれたので一安心。
大きくなったら自分で組み立てたりもできそうなので、
長く使えるおもちゃかな?と期待しています。

2020年05月05日 

兄弟で楽しんでいます

パンパースのポイント交換で獲得したクーポンをどれに使うか迷って、これにしました。
決め手はボールのサイズです。
口に入れられない大きさなので、何でもなめたがる時期の息子でも安心して利用できます。
ひとつ残念なことは、パーツの数です。
白い筒があと2個、黄色い皿があと1個あればもう少しバリエーション豊かにコースが組めるので足してほしいです。または、パーツ売りしてほしいと思います。
今は仕方ないので足りないところは、粉ミルクの缶や積み木や絵本を足場にしています。
他のレビューにあるパーツの外れやすさについてですが、組むには問題ないです。赤ちゃんがつかまり立ちしたがって寄りかかったら崩れる感じです。
ボールの落下音は割と大きくガタンッガタンッと鳴るので、聴覚過敏のひとは少し厳しいかもしれません。夫は全然気にならないみたいです。

このページの先頭へ