新着

5歳頃〜10歳頃

おえかきMyシネマ

¥4,400

ロール紙に塗り絵やお絵描きをして、専用のテレビフレームにセットし回すだけで、まるで昔のフィルム映画のように楽しめます。ロール紙は、塗り絵をして楽しめる5つと自由に描ける白紙1つが付属。テレビ枠でどのように見えるか、また自分が意図したことが再現されているかを考えながら作品を完成させます。自分だけのオリジナル作品を作って披露することで、「考える・作る・伝える」という3つの力を育むことができます。

●絵の動き方・お話しの載せ方を覚えよう
付属のロール紙は5種類の下絵入りと白紙1つ入り。下絵入りロールに好きな色を塗り、どのように絵が配置され動かすとどう見えるかを確認しましょう。絵の動き方や使い方を学んだら、白紙ロールでオリジナル作品に挑戦!好きな絵を描いたりセリフを入れたり、意図した通りに再現されているか、考えながら作品を完成させましょう。

●作ったもの・考えたことを発表する楽しさ
この商品の一番の魅力は、自分が作り上げたものを披露することです。塗り絵やお絵描きだけでも楽しいですが、披露することも作品の一部となり「考える・作る・伝える」といったクリエイティブなあそびに広げられます。アメリカ・カナダ・オーストラリアの幼稚園や小学校では、自分の好きなもの・興味のあるもの・最近の出来事を発表する"Show and Tell"と呼ばれる教育科目があります。幼少期からプレゼンテーションの機会を持つことで語彙力がつき、自分の意見を自信を持ち言えるようになったり、人の話を聞き多様性の理解にもつながる効果があるといわれています。


Kipod(キポッド)社の商品

Kipod(キポッド)
2015年創業のイスラエルブランド。プロダクトデザインを担う創業者の妻Alexさんは、幼少期から新しいあそびやアイデアを思いつくのが得意で、退屈な時間があれば自由な発想で楽しい世界に変え、友だちを喜ばせてきました。10代の頃はオリジナルのあそび道具を使い子どものワークショップに従事し、教育分野で経歴を持っています。大学では工業デザインを学び 「同じ機能でデザインだけを変えているプロダクトが多い中、自分たちは機能そのものに必ず工夫を加え子どもがイマジネーションを広げ遊ぶ姿を想像できるようなモノづくりをしたい」をポリシーとしています。ブランド名の「Kipod」は、ヘブライ語で「はりねずみ」の意味。Alexさんがはじめに作ったおもちゃがはりねずみのモチーフであったことから名付けられています。

Kipod(キポッド)社の商品
品番 KD-KC101
本体サイズ(cm) 下絵入りロール紙:各約1m、白紙ロール:約19m
パッケージサイズ(cm) W17.4×D13.3×H20.5
重量(g) 530
素材 カバ合板、ゴム、紙
セット内容 テレビフレーム、 下絵入りロール紙×5、 白紙ロール×1、説明書 ※ロール紙の別売りはありません。
組み立て 不要
メーカー キポッド
メーカー国 イスラエル
原産国 中国
注意事項 *ロール紙セット時の注意点:@バーへ取り付け時は説明書の図の通り外回りで左右均等に巻き付けてください。A付属の輪ゴムを必ずセットしてください。

お客様レビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

レビューを書く