たし算ゲーム カウンティング・マウンテン

立体すごろくで楽しく数を学ぼう

お客様レビュー(件)

たし算ゲーム カウンティング・マウンテン

商品説明

分かりやすいモチーフ、扱いやすく丈夫な紙素材、シンプルなルールが特長のオーチャード・トイ社のパズル・ゲームシリーズ。2枚のカードを引き書かれている数を足したぶんだけ進み、雪男を避けながら頂上に早くゴールした人の勝ち!

「数をかぞえる」「数の大小、量の多い少ない」「数字を記号として理解する」など、ゲームを楽しみながら数を概念や大小を学べます。数に興味が出てきた頃のお子さまにおすすめです。


【セット内容】
ゲームボードセット×1、プレイヤーピース×4、スタンド×4、頂上スタンド×1、足跡カード(1〜5)×各2、雪男カード×3

【参加人数】2〜4人
【遊び方】
※詳細は付属の日本語説明書をご確認ください

@4色のプレイヤーピースのうち、一つを選びます。
A全ての「足あとカード」「雪男カード」を裏にして混ぜ、テーブルの上に広げます。
B裏返したカードの中から2枚選んで、表に返します。矢印に従って野原→山→頂上の順に出た数字分のマス目を登っていきます。
2枚のカードの組み合わせと今自分がいる位置によって、進み方が変わります。
●足あとカード2枚のとき
カードの数を足して、合計の数だけ矢印の方向へ進みます。
(たし算が難しければ、カードの足あとの絵を数えましょう)

●足あとカードと雪男カードが1枚ずつ出たとき
野原にいる場合:雪男は山にしか住んでいないので、足あとカードに書かれている数だけ進みましょう。
山にいる場合:雪男が追いかけてきます。足あとカードに書かれている数、後ろに戻ります。

●雪男カード2枚出たとき
山を登っている全プレイヤーが2マスずつ後ろに戻ります。野原にいるプレイヤーはそのまま動きません。


C自分の番が終わったら、カードを裏返して戻しすべてのカードを混ぜ合わせ、次のプレイヤーの番になります。
D最初に頂上に着いたプレイヤーが勝ちです。



【低年齢の子が遊ぶ場合】
数字をまだ理解できない年齢でも、足あとの数を数えたり出た数の通りにマスを進む中で、遊びながら自然と数の大小の違い、概念を学べるので、繰り返しあそびながら楽しく理解につながります。

「後ろにさがる」というルールが難しければ、雪男カードを少し減らすか使わずにゲームを進めるなど、遊ぶ子どもの年齢に合わせて難易度を低くすることもできます。
 

商品スペック

品番
OC057
パッケージサイズ
横26×縦23×幅5cm
素材
ボール紙
セット内容
ゲームボードセット×1、プレイヤーピース×4、スタンド×4、頂上スタンド×1、足跡カード(1〜5)×各2、雪男カード×3
組み立て
必要
メーカー
オーチャードトイズ
メーカー国
イギリス
原産国
イギリス
注意事項
商品の仕様変更に伴い、パッケージ・内容物が変更となる場合がございます。予めご了承くださいませ。

お客様レビュー

レビューを書く

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

このページの先頭へ