フランスのギフト習慣に学ぶ、赤ちゃんとママに贈るご出産祝い

ムーラン・ロティ社のベビー用品

フランスのママの約70%が支持するムーラン・ロティ社。ママのニーズに応えた実用性とデザイン性を備えたベビー用品は、フランスの「出産祝い」の文化をリードしています。毎日の子育てをサポートし、選ぶ人も、もらう人も、ワクワクと心が躍るような、贈り物を揃えました。

フランスのベビーギフト文化とママたち

ご出産祝いはママの「お祝い希望リスト」をベースに。

フランスでは根づいている「お祝い希望リスト」。新米ママが自分がほしいものを書き、親族や友人に配ります。必要なものを無駄なく揃える合理的なフランスママらしい習慣です。

赤ちゃんのものであっても自分のスタイルを妥協しない。

赤ちゃんの身の回りを彩るものでも、自分のセンスを大切に揃えたいというのがフランスのママ。一般的なパステルカラーのベビー用品では納得していない、感度の高いママたちが行き着くのがムーラン・ロティ社のベビー用品だと言われています。

ムーラン・ロティ社とは FROM FRANCE

フランス西部の町「ナント」の郊外にあるムーラン・ロティ村で、日本で学生運動が盛んだった1960年代末に、20人ほどの仲間が集まって夢の実現のために立ち上げたブランド。それから50年、今ではフランスでもっとも信頼されているベビー向けブランドです。フランス製生地の使用にこだわり、赤ちゃんのお部屋すべてを演出できる幅広い商品をつくっています。

  1. デザイン画を元に、使用する生地を吟味するところから遊具づくりがはじまる。
  2. フランス製のものを中心に、数百種類の生地サンプルを常備。
  3. ナントの中心地にある、ムーラン・ロティのショップ。
  4. 1960年代に、創業者たちが移り住んだコミュニティ。今でもここで暮らしている。
このページの先頭へ