世界の学び場から、育ちのヒント

生涯つづく「学びたい心」は、幼児期のあそびを通して育つもの。

大切なのは、結果よりも学んだプロセス。道具から得られる小さな気づき。
そして何より、「面白かった」という温かな記憶。

ここでご紹介する教育道具が生まれた世界の幼稚園や学校では、
子どもたちが笑顔で遊びながら、学び合う風景がありました。

オランダの「学び場」をのぞいてみよう

ボーネルンドの教育道具の多くが生まれたオランダ。近年では、その「個別教育」の成功から、子どもたちがのびのびと楽しく学んでいる効果が注目されています。今回ご紹介する教育道具の一部も、こんな学び場で使われている物たちです。

ワクワク体験が「苦手」を変える!教育は出合い

「これ何?」「すごい!」。形や色への反応など、好奇心のきっかけは様々。一つの道具との出合いが小さな芽を育て、発見や学びの体験の量だけ、その子らしさや将来の夢への可能性を大きく広げます。

「考え方」もいっしょに身につく、道具の役割

小さなことに気づく力や感性を広げる環境を整えるのはおとなの役割。日常の会話やあそびのなかから、いまの興味や成長のステップにあわせた道具を探してみてください。

思わず手が伸びる!世界の教育道具

  • マッチング・ペアーズ

    マッチング・ペアーズ
  • シェープス&カラーズ

    シェープス&カラーズ
  • ラーニング・ブロックス360°

    ラーニング・ブロックス360°
  • カラーステップ

    カラーステップ
  • カラーズ・イン・サークル

    カラーズ・イン・サークル
このページの先頭へ