親子をつなぐリビング収納 森のキャビネット

ボーネルンドの社名は、デンマーク語で「子どもの森」を意味します。子どもを取り巻く環境が豊かな森のような場所でありますように、との願いを込めています。

そんなボーネルンドが、木にゆかりのある2つの会社と出合いました。木を育て木の家をつくる住友林業、日本の木を使った家具づくりを通して日本の森を守るキシルです。

わたしたち3社は、「木」を育てることは「人」を育てることに通じていると考えました。
どちらも、未来の可能性を信じて時間をかけて丁寧に育てるものです。

「木」を使って、子どもの成長を応援するなにかを形にしよう。そう決めてプロジェクトがスタートしました。
それから5年。丁寧に話し合いを重ねて、3社の思いを形にしました。それが「森のキャビネット」です。

リビングは子どもが成長する場所だと思う。

子どもは遊ぶのも、絵本を読むのも、勉強をするのも、寝るとき以外の多くの時間をリビングで過ごすそうです。だから子どもの成長に寄り添うような、家具がリビングには必要なんだと思います。リビングは家族の共有スペースです。大人にとっては、くつろぐための場所でもあります。リビングに置く家具はもちろんこだわりたい。自分自身も満足いくものでありたい。だから、大人も、子どもも満足のできる家具をつくることを目指しました。

特長

子どもの成長に合わせた様々な使い方

「木」にゆかりのある3社が、子どものこと・家族のこと・日本の森のことを考えてつくりました。

森のキャビネット

info@bornelund.co.jp カートに入れる

「森のキャビネット」展示店舗リスト

キシル 浜松店 キシル 深川店 キシル 名古屋店

製品詳細

  • 科学物質の発散をおさえた業界最高ランクのF☆☆☆☆(フォースター)のオイル系塗料を使用し、塗装しています。大豆やヒマワリ、亜麻、ヒマの種などから取った植物オイル系塗料は、シックハウス症候群の原因物質を含まないよう配慮され食品衛生にも合格したもの。お子様が口をつけても安心です。
このページの先頭へ