ファンラーニング シェープス&カラーズ

指先を使ってビーズをさして分類してみよう!

お客様レビュー(件)

ファンラーニング シェープス&カラーズ

商品説明

見た目にも華やかな、いろいろなかたちのビーズがたくさん詰まったセット。見ているだけでも楽しく、従来の教育玩具にはなかったライトな質感と鮮やかさは思わず触れてみたくなるデザインです。

問題カードに書かれた通りに進めていけば、段階を踏んで様々なことに気づきが生まれます。問題カードを飛び越え、自分の発想で分類をすることで、創造性も育ててくれます。

ゆっくりと時間をかけて、どんな色や形があるのかをよくよく観察させることが、先々まで遊びの拡がりを持たせるキーになります。慣れてきたら頭の中でイメージを作らせるように、クイズ形式で形や色を指定して問題を出してみるのも発展的な遊び方になるでしょう。

【あそびと学び】
●数をかぞえる
●色や形で分類する
●高い順、低い順に並べてみる
●色と形、数を組み合わせて考えてみる


やってみよう@
お気に入りの形・色を見つけよう


■いろいろな形と色があるよ。どれが好きかな?


ビーズをよく観察して、何のかたちに見えるか想像してみよう

【学びのヒント1】
それぞれのビーズを、上から見てみる、横から見てみる。シルエットは同じでも、平らだったり、ウェーブしていたり。色も似ているけれどちがう色もありますね。


やってみようA
おおい・すくないを確かめてみよう


■写真のように並べてみよう。どっちの量が多いかな?
下の段にもかくれているよ

■棒にさして、確かめてみよう

どっちが<高い=多い>かな?

【学びのヒント2】
おとなでも、バラバラになったものを正しく数えることは難しい。ですが、並べてみたり、積んでみたりすることですぐに「多い・少ない」が分かります。

【学びのヒント3】
「多い・少ない」という、目で見てわかる量の比較を数字に置き換えるまでには、「順序」という概念を学ぶ必要があります。1、2、3…という数字は、ただランダムに並んでいるわけではなく、2は1より大きい、3は2より大きいというように、「差」があります。おとなには当たり前のことでも、ただ数字を眺めていても大きいか小さいかはわかりません。

これを目で見てわかるように(=可視化)して、子どもの頭の中に、量をイメージできるようにしましょう。
◇関連特集◇
世界の教育遊具特集
ボーネルンド・ファンラーニングシリーズ

商品スペック

品番
NA310065
サイズ
ビーズ:4×4cm、本体幅:26cm、本体高さ:3cm、本体に指した時のバーの高さ:9.5cm
パッケージサイズ
28×28×6cm
重さ
1Kg
素材
ポリプロピレン
セット内容
本体×2個、バー×10本(各5本ずつ)、アクティビティ・カード×42枚(7シリーズ各6枚ずつ)、カラフル・ビーズ×87個、あそび方説明書(日本語版)×1、ワークシート×7枚+1枚(切って使用するもの)
組み立て
不要
メーカー
ナターン
メーカー国
フランス
原産国
中国
注意事項
お手入れ方法

お客様レビュー

総合点:3.52件のレビュー)

レビューを書く

2017年01月13日 

大興奮!

軽度の障害で、作業療法の際に似たようなものを楽しそうにやっていたので探してこちらを見つけました。作業療法のものよりも種類が多くまだ難しいですが、上の子と2人でたのしそうに遊んでいます。海外製だからかパーツによっては銀色の塗装のようなものがついてたり、棒に刺さりにくかったりするものもあるのが残念。
カードもすぐ落ちるのでもう少しちゃんとセットできたらいいのになと思います。

2016年10月25日 

知育玩具

カラフルで、3歳過ぎの子供でも扱いやすく楽しそうにあそんでいます。
4歳になったら、意味がわかって遊ぶことができるのかな。

このページの先頭へ