カウンティング・アバカス

量と数字のどちらの観点からも「数」を学ぶことができるアバカスです。

お客様レビュー(件)

カウンティング・アバカス

商品説明

「1、2、3・・・」と声に出しながら木製パーツめくっていくことで、声に出して読み上げた数を視覚的に認識しながら学ぶことができます。
まずはルーピングとして一枚ずつめっくたり、何枚かを一気に動かしカチカチと音を立ててあそんでみましょう。ワイヤーが2本あるため木製パーツの方向が定まり、きれいに重ねることができます。
木製パーツが外れず口に入れてしまう心配がないため、2歳からでも数に触れてあそぶことができます。木目が美しい虹色も興味を持つきっかけとなるでしょう。数をしっかり認識できる4歳頃には本格的な「学び」に活用でき、長く使うことができます。

●量の概念を学ぶ
木製パーツを10個重ねた時、一番上に見えている木製パーツには四角が10個描かれており、10という数が示す量を目で見て確かめることができます。一枚ずつめくっていくと四角の数が減ってゆき、木製パーツの量も少なくなるため、量の増減を視覚的に理解することができます。
●記号としての数を学ぶ
量の概念を学んだら、次は「数字」にステップアップ!重なっている木製パーツの量を、記号としての「1、2、3・・・」という数字で表すことができるということを学べます。
●足し算を学ぶ
カラフルな木製パーツはめくると数が順番にでてきますが、どこを開いても必ず左右の数が、足すと「10」」になるようになっています。四角の量が示す数と数字のどちらも理解してはじめて、この足し算を学ぶことができます。
●数字の「1」をめくると土台に描かれている数字の「0」が出てきます。”何もない”という状態を数字で表すことを学べます。

メーカー紹介

■ポーランドに拠点を置くバヨ社は、「はじめて触れるアート」をコンセプトに、形や色彩の美しさはもちろん、子どもの創造力を限定せず、自ら多様なあそびを発見できる機能性を備えた木製遊具を作っています。ポーランド国内やヨーロッパの木材を使用し、どの遊具にも必ず着色していない、自然のままの木のパーツを使用。遊びながら、五感から自然のぬくもりを感じてほしいというこだわりです。

商品スペック

品番
BAJ34430
サイズ
18×17×6cm
パッケージサイズ
18×19.5×6.5cm
重さ
素材
ぶな
セット内容
組み立て
不要
メーカー
バヨ
メーカー国
ポーランド
原産国
ポーランド
注意事項
お手入れ方法

お客様レビュー

レビューを書く

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

このページの先頭へ